AGAIN-ST 「 平和の彫刻」

ナディッフ アパート

poster for AGAIN-ST 「 平和の彫刻」

このイベントは終了しました。

出展作家: 大畑周平、木村充伯、鈴木孝幸、仙谷朋子、田中裕之、土屋貴哉、中谷ミチコ、中野浩二、樋口明宏、元木孝美、吉賀伸、冨井大裕、深井聡一郎、藤原彩人、保井智貴
AGAIN-STは2012年に発足した同人で、彫刻表現をベースとする作家、彫刻を専門領域とする批評家、美術の現場に携わるデザイナーによって構成されています。「彫刻は今なお有効性を持っているのか」という問いを、作品、批評、流通のそれぞれの視座から考察し、現在、日本の彫刻が置かれている現状を見つめ直そうという働きかけを、連続的に開催する展覧会や、トークライブを通して行ってきました。
本展を開催するこの春には、これまでAGAIN-STが取り組んできた活動をまとめた記録集の出版も行われます。展覧会という形だけでなく、作品の批評、作品についての情報を流通させるグラフィックや印刷物の形態なども彼らにとっては等価に重要な営みであるという共通認識から、過去の企画展ではぬかりなくその内容の充実が図られてきました。
[関連イベント]
TALK EVENT
日時: 4月1日[土] 17:00-19:00( 開場16:30 )
出演: 石崎尚、土方浦歌、藤井匡、森啓輔

メディア

スケジュール

2017年04月01日 ~ 2017年04月23日

オープニングパーティー 2017年04月01日

Facebook

Reviews

TABインターン tablog review

メディア時代の立体表現の可能性 - 彫刻を考えるためのグループAGAIN-ST -

彫刻の捉え方を問う挑戦的な展覧会がNADiff a/p/a/r/tで開催

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use