フォトジャーナリスト 長倉洋海の眼 - 地を這い、未来へ駆ける

東京都写真美術館

poster for フォトジャーナリスト  長倉洋海の眼 - 地を這い、未来へ駆ける

47日後終了

世界の紛争地や辺境の地を旅し、そこに生きる人間そのものの姿を捉えた37年間のドキュメント。長倉洋海は、氾濫する情報や経済・効率優先の風潮に流されず、現場で感じた大切なものを伝えるために、写真を撮り続けてきました。「どんな時代であろうと人と出会い、人を見つめることでしか次の時代も新たな世界も見えてこない」。長倉洋海の写真はそう私たちに語りかけます。本展は代表作から近作まで「激動の世界」で捉えた作品約200点を展示します。
[関連イベント]
1、特別対談「たった一人の戦場」を語る
日時: 2017年4月2日(日) 14:00~15:30 (開場13:30)
参加者: 西原理恵子 × 長倉洋海
会場:東京都写真美術館 1階ホール(定員190名)
お申し込み方法:観覧券(当日有効)をお持ちの方に当日10:00より、1階ホール受付にて入場整理券を配布。
※詳細は公式ホームページよりご確認ください。
2、長倉洋海によるギャラリートーク
日時: 会期中の土曜日・日曜日と5月3日(水・祝)・4日(木・祝)・5日(金・祝)
時間:全日13:00~約1時間 
会場: B1階展示室にて開催します。
観覧券(当日有効)をお持ちの方はどなたでもご参加いただけます。
※4月2日は特別対談につき、除きます。

メディア

スケジュール

2017年03月25日 ~ 2017年05月14日

アーティスト

長倉洋海

ホームページ

http://topmuseum.jp/ (アートスペースのウェブサイト)

入場料

一般 800円、学生 700円、中高生・65歳以上 600円

アートスペースの開館時間

10:00から18:00まで
木曜日は20:00まで, 金曜日は20:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、年末年始休館

アクセス

〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
電話: 03-3280-0099 ファックス: 03-3280-0033

JR山手線・東京メトロ日比谷線恵比寿駅東口より徒歩7分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use