「岡本太郎 - 赤の衝動 - 」展

川崎市岡本太郎美術館

poster for 「岡本太郎 - 赤の衝動 - 」展
[画像: 岡本太郎「傷ましき腕」(1936-1949)]

このイベントは終了しました。

岡本太郎は「あなたの好きな色は何ですか?」と尋ねられると必ず「赤」と答えていました。絵画作品でも象徴的に使われている「赤」は岡本太郎にとって炎や太陽、血、そして命の色でした。抽象絵画をこころざしたパリ留学中から1980年代にいたるまで、岡本は赤の色彩をもちいた作品を数多く描いています。 本展では、そんな岡本が生涯描き続けた「赤」の作品をご紹介します。

メディア

スケジュール

2017年04月13日 ~ 2017年07月02日

アーティスト

岡本太郎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use