吉田晋之介 「マルチウィンドウ」

ギャラリーモモ 両国

poster for 吉田晋之介 「マルチウィンドウ」
[画像: 吉田晋之介 "plant" 2017 Oil on canvas 177.7 x 100.0cm ©Shinnosuke Yoshida]

このイベントは終了しました。

初期の吉田作品に特徴的なのは、ダムや山間部の崖の崩落防護壁など人工的な造営物を、匿名性を持った具象的なイメージで描き、その背景に人間の営為に対する信頼性と敬意が内在した作品でした。しかし、東日本大震災を機に自然に対する抗いようのない破壊力にその思いは一変し、描かれる人工的な対象物は自然の中で崩壊と混乱を象徴的に示すことになりました。また、原発事故は、流布している情報に疑問を持たせ、五感で感じることのできる変化はないにも関わらず、目に見えない放射性物質への恐怖が吉田の日常の風景を変えました。震災後現地に赴くものの、抽出されるイメージの多くはテレビ映像やネットによる映像が圧倒的なものとなり、現実に眼にしたものとメディアを通した映像が複合的に重なるように描かれ、具象的なモチーフでありながら思考を重ねた抽象性も感じさせる画面へと変化して行きました。この一連の体験は、吉田の常識を覆し、制作への考え方を大きく変化させました。アメリカの心理学者である J・J・ギブソンが唱えた、物に変化を加えることであらわれてくる不変なもの、構造の本質を定義する「不変項(invariant)」に興味を持ち、一つのテーマやモチーフにこだわらず、自身の変化を受け入れ制作に取り組んでいます。自身の「衝動的な描きたい」というものを、思考や余計な情報がそこに介入する前に筆をとることで、完成した絵画の中に画家の不変項が浮かび上がると、吉田は語っています。今展覧会はそうした背景を持って制作した、複合性と多層性を持った作品の中に「不変項」を見出していただければと願っています。秋風の候お誘い合わせの上ご高覧いただければさいわいです。

メディア

スケジュール

2017年09月30日 ~ 2017年10月28日

オープニングパーティー 2017年09月30日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

吉田晋之介

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use