石川直樹 「この星の光の地図を写す」

市原湖畔美術館

poster for 石川直樹 「この星の光の地図を写す」
[画像: 石川直樹「ARCHIPELAGO」(2009)]

このイベントは終了しました。

世界をフィールドに活躍する写真家、石川直樹(1977-)の個展を開催します。石川は 22 歳で北極点から南極点までを人力で踏破、23歳で七大陸最高峰の登頂に成功しました。その後も国内・世界各地を旅し、人類学・民俗学などの観点を取り入れつつ、独自のスタイルで写真を撮り続けています。本展では、初期から現在に至る活動を総合的に紹介します。写真を通して、世界への旅を追体験しながら、作家の描く、この星の新しい地図を発見することになるでしょう。本展は、2017年2月に水戸芸術館現代美術ギャラリーにて開催された同名の展覧会の巡回展として開催されます。本展では、会場一部では、石川素樹建築設計事務所が構成を担当し、山や島状の造作が展示空間に登場。また、サウンド・アーティストの森永泰弘氏と共同で行われた東南アジアのフィールドワークにおける新作写真や現地で採取した音を合わせて展示いたします。

[関連イベント]
「石川直樹アーティスト・トーク」
日時: 11月23日(木) 14:00-16:00
出演: 石川直樹
会場: 市原湖畔美術館・多目的ホール
参加費: 1000円(別途入館料が必要)
※お申し込み方法は公式ホームページからご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2017年10月21日 ~ 2017年12月28日

アーティスト

石川直樹

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use