「タグチ・アートコレクションより リチャード・モス/マリア・タニグチ」

群馬県立近代美術館

poster for 「タグチ・アートコレクションより リチャード・モス/マリア・タニグチ」
[画像: リチャード・モス「Niyo」(2014)、デジタルCプリント・紙、Courtesy of Jack Shainman Gallery、New York]

このイベントは終了しました。

日本有数の現代美術コレクションであるタグチ・アートコレクションの作品を中心に、現在活躍中の若手作家2名をご紹介します。
アイルランド出身の写真家、リチャード・モス(1980-)は、軍事目的で開発された赤外線フィルムを用いて、アフリカ、コンゴ民主共和国の内戦を撮影した作品が評価され、2013年のヴェネツィア・ビエンナーレでアイルランド代表作家となりました。2014年からは、中東やアフリカからヨーロッパへと向かう難民の移動ルートを取材し、赤外線サーマルカメラで撮影しました。コンゴを取材した『Infra』シリーズの作品を中心に、『Heat Maps』シリーズより難民キャンプを撮影した《モリア》も合わせて展示します。
フィリピン生まれのマリア・タニグチ(1981-)は、大画面のカンヴァスにレンガのような矩形のモチーフを描く"ブリック・ペインティング”と呼ばれるシリーズや立体作品、さらにビデオ・モニター作品など、絵画、彫刻そして空間芸術の境界を軽やかに超える活動で2015年ヒューゴ・ボス・アジア・アート・アワードに輝きました。今回は、タグチ・アートコレクション所蔵の絵画作品と映像作品に加え、4月に東京で発表した新作立体作品もあわせて展示します。

メディア

スケジュール

2017年09月16日 ~ 2017年12月17日
12月3日(日)~6日(水)、12月12日(日)は休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use