正宗得三郎 展

府中市美術館

20%

off!

poster for 正宗得三郎 展
[画像: 正宗得三郎「大あざみ」(1960)、73.0×91.0cm]

40日後終了

正宗得三郎は、昭和37年(1962)79才まで片時も休まず制作を続け、誰も到達できない独自の高みへと至りました。得三郎は、明治16年(1883)に穏やかな瀬戸内海に面する岡山備前市の、文芸を愛する旧家(長兄は小説家正宗白鳥、次兄に国文学者正宗敦夫)に生まれ、はじめは日本画家を、つぎに油彩画家を志し東京美術学校に入学しました。一学年上の明治の天才画家青木繁から、絵画に対する「情熱」のその激しさを学びました。卒業後、渡仏し、モネからは、直接出会って「光」を、さらにマティスからは、「色彩」の響きを学びました。
しかし、第一次大戦では、留学を中断され、中野に建てたアトリエも太平洋戦争の空襲によって、作品は全て焼失。やむなく知人を頼り長野県飯田に疎開。信州の豊かな山河に囲まれ、馴れない畑仕事に汗を流すうちに、季節に輝く山河の彩りと山里の人々の深い温もりに接しました。西洋に学び、南画を愛し、山里に暮らしたことで絵に変化が生まれました。戦後から没年まで武蔵野の緑豊かな府中を描き続けたのでした。正宗は、最後の文人画家、富岡鉄斎の作品を研究し、日本の風景を、明るく澄んだ色彩で、柔らかな「心」の理想郷として油彩画に描きました。
年下で無名の長谷川利行の絵をどうしても評価しない審査委員に、「この絵は、私たちの先生の絵だ」と激しく主張し、頬を紅潮させた画家。先人に学び、誰の評価も求めず、ただ一人、我が道を絵に描き、描いた道を歩み続けた画家。二科会、二紀会の重鎮でありながら、頑として絵と向き合い続けた画家。正宗の戦中の飯田時代、戦後の府中時代の作品約100点で構成しています。

[関連イベント]
日曜日スライドトーク
日時: 毎週日曜日14:00〜14:20
開場: 講座室
参加費: 無料
※お申し込み方法は公式ホームページからご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2017年11月03日 ~ 2017年12月28日

アーティスト

正宗得三郎

入場料

一般 700円、大学生・高校生 350円、中学生・小学生 150円

アートスペースの開館時間

10:00から17:00まで
月曜・祝祭日休館
月曜が祝日の場合は月曜開館し翌火曜日休館

アクセス

〒183‐0001 東京都府中市浅間町1の3
電話: 03-5777-8600 ファックス: 042-335-7576

京王線東府中駅から徒歩15分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use