総合開館20周年記念 「荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-」

東京都写真美術館

poster for 総合開館20周年記念 「荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-」

このイベントは終了しました。

東京都写真美術館は、総合開館20周年を記念して「荒木経惟 センチメンタルな 旅 1971– 2017–」展を開催します。 荒木経惟は、1960年代から活動を始め、国の内外で高い評価を得ています。荒木の作品は、 テーマや手法が多岐にわたることでも知れ、これまでに500冊近い写真集を上梓するなど、 その制作意欲は現在もなお、尽きることがありません。 本展は、その膨大な作品群から、妻、「陽子」というテーマに焦点をあてた展覧会です。荒木 自らが「陽子によって写真家になった」と語るように、1960年代の出会いから1990年代のそ の死に至るまで、陽子はもっとも重要な被写体であり、死後もなお荒木の写真に多大なる 影響を与え続けてきました。本展では、陽子を被写体とするものや、その存在を色濃く感じさせる多様な作品を通して、荒木が重要視している被写体との関係性を探り、またその写真 の神髄である「私写真」について考察していきます。展覧会タイトルの「センチメンタルな旅 1971– 2017–」とは、1971年に出版された私家版の写真集に始まり、現在へと続いている荒 木経惟の私写真、そしてその写真人生そのものを表しています。
[関連イベント]
1、関連トーク「22世紀アラーキー論 ―ずっと、センチメンタル―」
日時: 2017年8月6日(日) 14:00~16:00
出演: 伊藤俊治(美術史家・東京藝術大学教授)、斎藤環(精神科医)、北澤ひろみ(本展ゲスト・キュレーター)
司会: 藤村里美(東京都写真美術館学芸員)
会場: 東京都写真美術館 1階ホール
定員: 190名(整理番号順入場/自由席)
入場料: 無料/要入場整理券
*当日10 時より1階ホール受付にて入場整理券を配布します。
2、朗読会+トーク
荒木経惟の作品についての詩を作者自らが朗読します。
日時: 2017年9月16日(土) 14:00~16:00
出演: 吉増剛造(詩人)、朝吹真理子(作家)
会場: 東京都写真美術館 1階ホール
定員: 190名(整理番号順入場/自由席)
入場料: 無料/要入場整理券
※当日10 時より1階ホール受付にて入場整理券を配布します。
3、ゲスト・キュレーター・担当学芸員によるギャラリートーク
会期中の第2、第4金曜日14:00より、ゲスト・キュレー ターもしくは担当学芸員による展示解説を行います。
展覧会チケット(当日消印)をご持参のうえ、2 階展示室入口にお集まりください。
日時: 2017年7月28日(金) 14:00~
   2017年8月11日(金) 14:00~
   2017年8月25日(金) 14:00~
   2017年9月8日(金) 14:00~
   2017年9月22日(金) 14:00~

メディア

スケジュール

2017年07月25日 ~ 2017年09月24日

アーティスト

荒木経惟

Facebook

Reviews

TABlog Editors tablog review

Summer Night Museum

Tokyo art museums are open late this summer!

Jennifer Pastore tablog review

Don’t Lie

Love, Death, and Truth at Tokyo Photographic Art Museum

Art Beat News tablog review

国立・都立美術館がサマーナイトミュージアムを実施! 夜21時まで開館、イベント多数開催

各館の趣向を凝らしたイベントのほか、併設カフェの割引やミュージアムショップの延長オープンもあり!

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use