「Search & Destroy」展

TAV GALLERY

poster for 「Search & Destroy」展

このイベントは終了しました。

検索エンジンによるイメージの結果から、再構と破壊を試みる現代美術家、計5名によるグループ展。一つのプラットフォームや検索エンジンを通し、個人に基づくあらゆる情報が中央集権的に溜まり続ける中、現代美術により情報の価値を捉え直します。展覧会タイトルはベトナム戦争中にアメリカ軍の総指揮監ウィリアム・ウェストモーランが遂行した戦術「サーチ・アンド・デストロイ作戦」から引用、尚、本展のキュレーター・佃義徳は「Search & Destroy」について、次のように語っています。
「2017年時点で生活に欠かせないネットの検索機能は、現代人の認識や思考活動に影響を与え、その影響を受けていないアーティストは少ないかと思います。あまりにも日常的になり過ぎた検索機能とその結果は、時期、場所、人によっても結果が変動し、間違いを含んでいるにも関わらず、多くの人にとってなくてはならない1つの指針となっています。
これは、現代人のPCやスマホの端末というある種の車窓から見る移ろいやすい風景のようなものです。何をサーチして何が見え、何が認識されるのか、さらに破壊されるものは何か、世界中で常時繰り返される膨大な数のサーチの一部を作品に取り入れた作家による作品展示です。」

メディア

スケジュール

2017年09月29日 ~ 2017年10月15日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use