「ドヤ街」展

Zen Foto Gallery

poster for 「ドヤ街」展

このイベントは終了しました。

三大ドヤ街とは、東京、横浜、大阪にある、肉体労働者が集中している地区であり、「どや」と呼ばれる安宿が多い山谷・釜ヶ崎・寿町のこと。
20世紀の日本の都市は、地方からの移住者をのみ込み、成長してきた。私たちが今快適な暮らしを送っているのは、先祖がよりよい暮らしを求め荒れ地から出てきて、圧倒的な困難と格闘してきたからであろう。彼らはみな、ドヤ街か、それに相当する場所を通過してきた。時代を超えて人間が経験し得る現実と私たちを向き合わせてくれる場所であるドヤ街は、これまで多くの写真家の主題であり続けてきた。
この展覧会では、橋本照嵩による山谷、梁丞佑による寿町、井上青龍、星玄人、須田一政による釜ヶ崎の作品を紹介する。

メディア

スケジュール

2017年07月22日 ~ 2017年08月17日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use