「親と子のギャラリー 『びょうぶとあそぶ - 高精細複製によるあたらしい日本美術体験 - 』」

東京国立博物館

poster for 「親と子のギャラリー 『びょうぶとあそぶ - 高精細複製によるあたらしい日本美術体験 - 』」

このイベントは終了しました。

夏休みは、日本美術を代表する名作で遊んでみませんか。トーハク所蔵の名品「松林図屏風」およびフリーア美術館所蔵(アメリカ)の「群鶴図屏風」の複製と映像のインスタレーションにより、屏風絵の世界を体感できる新しい展示を行います。屏風は古くから、装飾用や間仕切りとして使われてきましたが、現代の生活ではあまり目にすることはありません。今回は、複製画を利用して、映像空間とともにケースなしで作品世界に向き合っていただけます。絵師が屏風に描いた世界を、より能動的に五感で楽しむことができます。名画の世界に入り込む、あたらしいアート体験をお楽しみください。

メディア

スケジュール

2017年07月04日 ~ 2017年09月03日

アーティスト

長谷川等伯尾形光琳

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use