poster for 池田学「誕生」
[画像: 池田学「誕生」 (2013-2016) 紙にペン、インク、透明水彩 300×400cm photography by Eric Tadsen for Chazen Museum of Art © IKEDA Manabu, Courtesy Mizuma Art Gallery, Tokyo/Singapore]

23日後終了

2010年の「焦点」以来、約7年ぶりのミヅマでの個展となる今回は、東京では初公開となる最新作《誕生》を中心に展示いたします。 縦3m×横4m、池田にとって最大サイズとなる《誕生》は、構想2年、制作3年3ヶ月をかけて、滞在先のアメリカ・ウィスコンシン州マディソンにて完成しました。全体を眺めると、満開の花々を抱えた大木が中心にどっしりと構え、圧倒的な存在感を抱えた《誕生》。しかし、部分に目を向けるとそこには、別の風景、様々な物語に気づきます。東日本大震災がきっかけとなった本作は、世界中で繰り返される災害と人間との関わりを自由で軽やかな想像力と表現力をもって対峙し描かれました。海外に拠点を移した池田の、新たな地での初めての風景や人々との出会いは、彼の作品にもまた新しい風を吹き込みました。大きな災害に直面し人間の無力を感じずにはいられないとき、それでもなお、希望を失わずに生きてゆくこと―この作品の中にそんな真摯な想いを見出せるからこそ、観る者の心を動かすのかもしれません。
展覧会の開催と合わせ『《誕生》が誕生するまで』が青幻舎より刊行されます。また、会期中には美術批評家の布施英利氏とのトークイベント、池田によるギャラリートークも予定しておりますので、ぜひご期待ください。

メディア

スケジュール

2017年07月26日 ~ 2017年09月09日

アーティスト

池田学

入場料

無料

アートスペースの開館時間

11:00から19:00まで
月曜・日曜・祝祭日休館

アクセス

〒162-0843 東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル2F

東京メトロ有楽町線・南北線市ヶ谷駅5番出口より徒歩5分、JR飯田橋駅西口より徒歩8分、東西線・有楽町線・南北線飯田橋駅B2a出口より徒歩8分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Things in Tokyo: August 2017

Events and exhibitions happening this month in Tokyo and beyond

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use