藤井直敬 + GRINDER-MAN + evala 「Neighbor」

NTTインターコミュニケーション・センター

poster for 藤井直敬 + GRINDER-MAN + evala 「Neighbor」
[画像: 藤井直敬、GRINDER-MAN、evala]

このイベントは終了しました。

現在の私たちのコミュニケーションは、テクノロジーを通じてオンライン/オフラインを含め,様々な形をとっています。特に私たちのコミュニケーションのかなりのヴォリュームを占める、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サーヴィス)などにおける非同期のコミュニケーションは、私たちを孤立させ分断するのではないかと危惧する声も少なくありません。《Neighbor》は、脳科学者、パフォーマンス・グループそして音楽家の協働によって生まれた、ダンサー2名と体験者2名によるメディア・アート・パフォーマンスです。主観的な時間と空間を操作するSubstitutional Reality(SR)技術を用い、コミュニケーションの新しいかたちを作り上げることを目標として制作されました。《Neighbor》を通じて個々の体験者の間に立ち上がるユニークな関係性は、テクノロジーが私たちのコミュニケーションに与える新しい可能性を示しています。《Neighbor》は2016年6月にプリント・スクリーン・フェスティヴァル(テルアヴィヴ、イスラエル)にて発表され、同年9月には、アルス・エレクトロニカ・フェスティヴァル 2016(リンツ、オーストリア)にて上演されました。今回の公演は、日本では初めての機会となります。

[公演詳細]
公演時間: 各日とも12:00–13:30、15:00–16:30、17:30–19:00の3回
会場: NTT インターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA
体験者定員: 各日とも男性27名,女性27名 (当日11:00より,ICC4階受付にてすべての回の整理券を配布します)
体験者対象: 18 歳以上

メディア

スケジュール

2017年11月04日 ~ 2017年11月05日

アーティスト

藤井直敬GRINDER-MANevala

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use