poster for 「引込線2017」展

明日で終了

埼玉県所沢市は、歴代の美術家たちの実験的な自主展覧会を受け入れて来た歴史を持ちます。2008年、西武線・所沢駅前の元鉄道車両整備工場にて「表現者の原点に還って作品活動のできる場をつくること」を主旨に「プレ展示」として始まった、この度の私たちの展覧会の前身「所沢ビエンナーレ美術展<引込線>」もその一つでしょう。この展覧会は、後に「引込線」という名で回を重ね、2017年の今回で6回を数えます。
「引込線2017」は、一般的な美術展とは異なり、統一的なテーマやディレクションがありません。その代わりに、さまざまな領域で活躍する美術家/批評家が、手弁当で向き合い、一から表現の場をつくってゆきます。声をかけ集まったのは、自らの表現をたえず反省的に問い続け、表現者としての世界を強固に持っている作り手であり書き手です。
「引込線2017」は以下の3つのセクションによって構成されます。
①元学校給食センター(2009年廃場。2011年以降、一部を災害用緊急物資の保管場所として使用されている)という、美術館やギャラリーといった美術制度の中の展示空間ではない、オルタナティブ・スペースを会場とする展覧会。
②展覧会後に発行する、「もう一つの表現の場」としての書籍。(様々な論考×展示の記録)
③会期中に執筆陣と美術家の協働で数多行われる多様な形態のトークイベント。
ディレクションによって位置付けられていない表現者の「この場・この現実」に対峙する緊張感が、いかなる地平に私たちを導くのか。生まれたばかりの表現と説明抜きに直に出合う、この直截な、アートの現場を是非目撃して下さい。
※関連イベント詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2017年08月26日 ~ 2017年09月24日
火曜日・水曜日は休館

オープニングパーティー 2017年08月26日16:30 から 17:50 まで

入場料

無料

アートスペースの開館時間


イベントにより異なる

アクセス

〒359-0002 埼玉県所沢市中富1862-1

西武新宿線航空公園駅東口より西武バス(所20-3 並木通り団地行きまたは新所03 新所沢駅東口行き)「並木通り団地入口」下車徒歩5分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use