赤石隆明 「Waste Park」

G/P gallery

poster for 赤石隆明 「Waste Park」
[画像: 《Waste Park》あいちトリエンナーレ2016 展示 ©Takaaki Akaishi Courtesy of G/P gallery]

このイベントは終了しました。

第39回木村伊兵衛写真賞(2014年)のノミネートや「あいちトリエナーレ2016」の参加で注目を集めてきた赤石は、従来の写真造形におけるレイヤーという発想に留まらず、物質の領域に侵犯をくわだて、写真というメディアに対して挑戦的に取り組んでいる作家の一人です。写真を媒材に自身の作品を次々とアップデートしていく作風で知られています。
初期の頃より、写真を立体や展示空間へと展開させ、友人の作品を自作に取り込むほか、2015年の個展「UBRM#000.**」においては、2人の友人に依頼した自身の写真集「UNBROKEN ROOM」(2013年)の模写をカメラで再撮し、写真作品として展示するなど、イメージの組み合わせや結びつき、そして自他との関係性を問うような作品を発表してきました。
本展では、2010年より始めたプロジェクト「Waste Park」が俯瞰できるような展示構成となっています。「Waste Park」は、友人よりプレゼントされた赤い石(パワースートン)を起点に、写真、立体、パフォーマンスなどジャンルを問わず作り出したイメージの変換を繰り返すことで、自作をアップデートし続ける試みです。パワーストーンの形を模造した多面体のコンクリートの塊を展示し破壊するというパフォーマンス(2011年)、これらの記録写真を転写した布で大量生産したクッション(2012年~)、多面体の組み合わせを数パターン撮影し、ストレッチフィルムにプロジェクションした100以上のバリエーションからなる「flimsy stele」(2015年~)にみられるように、作家の制作環境や条件に左右されながらも形態を変化させ、執拗な反覆によって増殖を持続させています。「あいちにトリエナーレ2016」で発表したインスターレションでは、2メートルにもおよぶ巨大なクッションへと変貌と遂げており、同作の保存を問題にした新作も展示予定です。
[関連イベント]
トークイベント:大森俊克 x 岩渕貞哉 x 赤石隆明
日時:2017年4日8 (土) 14:00〜15:30
場所:G/P gallery
登壇者:大森俊克 (美術批評) 、赤石隆明 (写真家・アーティスト)
モデレーター:岩渕貞哉 (『美術手帖』編集長)
参加費:無料
座席:20名
お電話 (03-5422-9331) か、メール (event [at] gptokyo.jp) にてご予約ください。

メディア

スケジュール

2017年03月05日 ~ 2017年04月08日

アーティスト

赤石隆明

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use