「カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命」

埼玉県立近代美術館

100円

off!

poster for 「カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命」
[画像: カッサンドル「ノルマンディー」(1935) バツアートギャラリーコレクション蔵 ©MOURON. CASSANDRE. Lic 2017-16-01-04 www.cassandre.fr]

26日後終了

カッサンドル(1901-1968)は、ウクライナに生まれ、フランスで活躍した20世紀を代表するグラフィックデザイナーです。キュビスムやバウハウスから影響を受け、1920年代に制作した幾何学的でダイナミックなポスターは、時代の先駆的な表現として、グラフィックデザイン界に「革命」とも言うべき大きなインパクトをもたらしました。カッサンドルのポスターに共通する壮観な構図とスピード感は、機械と大量消費の時代をまさに体現していたのです。1930年代に入ると、画家バルテュスとの出会いから絵画制作に熱中する一方、アメリカでファッション雑誌『ハーパーズ・バザー』の表紙を手がけるなど、芸術家として活動の舞台をさらに広げていきました。
この展覧会では、2018年に没後50年を迎えるカッサンドルの仕事を、ファッションブランド「BA-TSU」の創業者兼デザイナーである故・松本瑠樹氏が築いたコレクションを通してご紹介します。松本氏のカッサンドル・コレクションは、保存状態の良好なポスターの代表作、およびカッサンドル直筆の貴重なポスター原画を含むものとして、世界的に高く評価されています。国内ではおよそ20年ぶりの回顧展となる本展で、カッサンドルが到達した至高のポスターデザインをご堪能いただければ幸いです。

[関連イベント]
講演会「なんというかっこ良さ! 魅惑のカッサンドル」
20世紀グラフィックアートのトップランナーにして、アール・デコのモダンさ、かっこ良さを具現化したカリスマ・アーティスト。ダンディズムとモードに革命をもたらしながら、一度は歴史に埋もれ、忘れ去られたカッサンドル (預言者) の謎に迫ります。
講師:岡部昌幸 (帝京大学教授)
日時:2月26日 (日) 15:00〜16:30 (14:30開場)
場所:2階講堂
定員:100名 (当日先着順)/費用:無料

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2017年02月11日 ~ 2017年03月26日
3月20日は開館

入場料

一般 1000円、大学生・高校生 800円

アートスペースの開館時間

10:00から17:30まで
月曜休館
月曜日が祝日、県民の日の場合は月曜日開館、年末年始及び メンテナンス日。

アクセス

〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
電話: 048-824-0111 ファックス: 048-824-0119

JR京浜東北線北浦和駅西口から徒歩3分(北浦和公園内)

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use