葛飾北斎 「冨嶽三十六景 奇想のカラクリ」

太田記念美術館

poster for 葛飾北斎 「冨嶽三十六景 奇想のカラクリ」
[画像: 葛飾北斎 「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」]

このイベントは終了しました。

「冨嶽三十六景」は、富士山を日本全国のさまざまな場所から描いたシリーズで、天保2年(1831)頃に制作されました。題名に「三十六」とありますが、売れ行きがあまりに好評だったため、10点が追加され、全部で46点となっています。太田記念美術館が所蔵する「冨嶽三十六景」全46点が一挙に公開されるのは2010年以来7年ぶり。
「凱風快晴」や「神奈川沖浪裏」を筆頭に、「冨嶽三十六景」にはアッと驚くようなアイデアがふんだんに盛り込まれています。浮世絵師として絶え間なく研鑽を続けた北斎が、70歳を過ぎてたどりついた境地と言えるでしょう。本展では、「冨嶽三十六景」に隠された北斎の奇抜なアイデアを読み解いていきます。
北斎の娘であるお栄は、応為という画号をもつ浮世絵師として活躍していました。父親をも越えるとされた巧みな美人画のみならず、その個性的なキャラクターも注目され、近年では、時代小説やテレビドラマの主人公としても取り上げられています。」応為の最高傑作である「吉原格子先之図」を、2年ぶりに特別公開いたします。

[関連イベント]
学芸員によるスライドトーク
日時: 2017年10月3(火)、13日(金) 11:00~ / 14:00~(各回40分程度)
場所: 太田記念美術館 視聴覚室(B1)
参加方法: 申込不要 参加無料(要入場券)

メディア

スケジュール

2017年09月30日 ~ 2017年10月29日
10月2日、10月10日、10月16日、10月23日は休館します。

アーティスト

葛飾北斎葛飾応為

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use