「Dark Style」展

鎌倉画廊

poster for 「Dark Style」展
[画像: Fujiwara Shiho]

このイベントは終了しました。

晩秋から本格的な冬へと、夜の長くなるこの季節、深淵なる夜空やピリッとした冷たい空気の中に感じる静けさは夏の明るさや賑わいとは対照的に静謐なひとときを私たちに運んでくるかのようです。「Dark Style」と題した今回の展覧会は、そんな季節にぴったりの静かで深い色合いの作品をさまざまな作家の作品群から選び出した展示となります。和紙の立体感と絶妙な墨の濃淡を用いて多様な表情を作り出す藤原志保の連作、神話的な世界を思わせる柳澤紀子のモノクロームの版画、小枝繁昭のペインティングと写真を融合させたシリーズからは花の艶やかさを引き立てる暗色の作品を。また油彩画は、独特の形状を深い色合いの組み合わせで描き出す赤塚祐二、不思議な奥行感と湧き出るような光を感じさせる画面が魅力の馬場健太郎、そして抜群の色彩感覚が生み出す鮮やかな絵画と並行して「夜」や「闇」をテーマにクールな印象の作品も制作し続けている吉川民仁の3作家の作品を並べます。さらに、菅木志雄の鉄板を用いた80年代の作品や関根伸夫の作品プランを描いた「プロジェクト」シリーズ、李禹煥の木炭のドローイングなども加え、制作年代や表現媒体もさまざまに選出した「Dark」な美しさを感じさせてくれる作品で構成致します。ぜひご高覧下さい。
作品展示作家(予定): 赤塚祐二、小枝繁昭、菅木志雄、関根伸夫、馬場健太郎、藤原志保、柳澤紀子、吉川民仁、李禹煥

メディア

スケジュール

2017年11月28日 ~ 2017年12月27日
日曜日・月曜日・祝日は休廊

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use