「窓学10周年記念 窓学展 -窓から見える世界-」

スパイラル

poster for 「窓学10周年記念  窓学展 -窓から見える世界-」

このイベントは終了しました。

YKK APは、「窓は文明であり、文化である」の思想のもと、2007年から窓を学問として多角的に探究する研究活動「窓学」を研究者・建築家とともに実施し、建築、文化、アートなど、様々な切り口で窓にアプローチしてきました。本展は、「窓学」10周年を機に、こうした窓をめぐる知性や感性を、世界共通の文化として俯瞰し、その魅力に新たなまなざしを向ける展覧会です。
本展では、過去10年間の窓学の研究成果をわかりやすく紹介し、幅広く窓を考え、感じることのできる展示を行ないます。アカデミックな分野からは、東京大学をはじめとする大学および研究機関より計7名の研究者が参加し、研究展示を行ないます。さらに、アートの分野からは、レアンドロ・エルリッヒ氏、ホンマタカシ氏、鎌田友介氏、3名のアーティストが本展のために、新たに窓をテーマとした作品を制作・発表します。また、イタリアを代表するデザイナー ミケーレ・デ・ルッキ氏が特別展示を行ないます。
展示ディレクターには、2007年の窓学開始当初より、窓学の総合監修を務める東北大学教授で建築批評家の五十嵐太郎氏、会場構成に東京国立近代美術館所蔵品ギャラリーリニューアル等を手がけた建築家の西澤徹夫氏、展覧会から装丁まで幅広くグラフィックデザインの分野で活躍する岡本健氏他、制作チームにも豪華なメンバーを迎え、10年間の窓学の多彩な研究蓄積を凝縮した展示を目指します。
会場:スパイラルガーデン(1F)

メディア

スケジュール

2017年09月28日 ~ 2017年10月09日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use