イヴ・ダナ 「フラグメント・オブ・ジェネシス」

タグチファインアート

poster for イヴ・ダナ 「フラグメント・オブ・ジェネシス」
[画像: イヴ・ダナ 「シャダイ」 (2004) 輝緑岩 204x30x11cm]

このイベントは終了しました。

ダナは彫刻の歴史のなかでも最もオーソドックスな素材を用いて抽象的な彫刻を制作しています。そのキャリアの初期には主に鉄を素材に、その後ブロンズや石彫へと仕事の幅を拡げ、現在では石彫を中心に制作しています。素材は変化していますが、一貫しているのは、デッサンやマケットを準備することなく直接素材と向き合い、アシスタントや技術者に任せることなく全ての工程を自らの手作業で行っている点です。
タグチファインアートでは、2011年にケルンのテンポラリー・ギャラリーでのポップアップ、タグチファインアート・イン・ケルンで彼の作品を展示しましたが、東京のスペースでは初めての展示、そして初個展となります。今回は石彫5点とブロンズ彫刻2点で展示構成いたします。日本では1991年に千葉、浦安の国際教育学院で開催された個展以来、実に26年ぶりの作品展示となります。
近年の石彫作品では、必要最小限の加工によって生み出された単純な形態が、古代の工人たちが神に捧げるために生み出した造形を想わせます。原始・始源(ジェネシス)へ回帰するイメージへと私たちを誘うイヴ・ダナ作品をご覧ください。

メディア

スケジュール

2017年11月18日 ~ 2017年12月22日
日曜日・月曜日・祝日は休館

オープニングパーティー 2017年11月18日17:00 から 19:00 まで

アーティスト

イヴ・ダナ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use