蓄音機音楽会 「ジャズ大集成(サミット)(36) - ジェリー・ロール - 」

インターメディアテク

poster for 蓄音機音楽会 「ジャズ大集成(サミット)(36) - ジェリー・ロール - 」

このイベントは終了しました。

インターメディアテク内階段教室「ACADEMIA」にて、蓄音機音楽会を定期的に開催しております。「湯瀬哲コレクション」から1920—1940年代ジャズの名盤を厳選し、銘機ヴィクトローラ社クレデンザで再生し、今やパブリックな場では鑑賞できない音の醍醐味を共有する機会を設けます。ピアニストのジェリー・ロール・モートンはルイジアナ州の多元的なクレオール文化の中で育ちつつ、10代の頃からニューオリンズの風俗街ストーリーヴィルで伴奏者として腕を磨きました。そこから生まれた音楽は画期的な混合物であり、もっとも野卑な題材から洗練された作品が続々と創出されました。ジャズの創始者と自称したモートンですが、その貢献は最終的に十分には認められず、孤独な晩年を迎えます。ここではその不運な結末とは対照的な、野心と冒険心溢れる最初期のレコードやピアノロールを取り上げ、当時、シカゴを拠点に活躍していたモートンのソロ及びバンド録音を通じて、ジャズの揺籃期を改めて振り返ります。
日時: 2017年2月17日(金)18:00(終了予定時間18:45)

メディア

スケジュール

2017年02月17日 18:00~18:45

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use