「- スイス アールブリュットの巨匠 - ハンス・クルージー展」

永井画廊

poster for 「- スイス アールブリュットの巨匠 - ハンス・クルージー展」
[画像: 紙にミクストメディア (木の葉を用いたスタンピングなど) 295×417㎜ 1976年]

このイベントは終了しました。

ハンス・クルージー(1920-1995)の遺作のなかから厳選した作品 約20点の展覧です。スイスチューリヒに孤児として育ち、長じて路上で花を売りながら生活、55歳で独学で絵をはじめ、安価な用紙、ボール紙、包装紙などにガッシュ、フェルトペンなどで身近な人物、小動物、牧場風景などをテーマに数多くの作品を遺されました。それらは、自身も自然と一体化し、野に咲く花や木に棲む鳥たちの存在と同様に、自然のなかからぽっと生み出された無垢で野生のままの“生の芸術”であり、まさに自然体で作為を感じさせず、囚われのない“アールブリュット”の真髄が凝縮しています。3年前に初めて接した時感じたことは、アートに国境はないということでした。地球に生まれた同胞が生み出した愛らしくユーモアに溢れ、共に楽しく遊べる脱俗の世界は、日本の愛好家の皆様にもご理解頂けるものと思います。

メディア

スケジュール

2017年09月01日 ~ 2017年09月30日
開館時間: 11:00~19:00、日曜日、祝日は休廊

アーティスト

ハンス・クルージー

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use