新田友美 「Hanging Gardens」

YUKA TSURUNO GALLERY

poster for 新田友美 「Hanging Gardens」
[画像: 新田友美「Infinite Set 43」(2016) 139 x 206.5 cm (or variable), oil, crystal powder on canvas, Photo by Geraldine Kang] 

このイベントは終了しました。

2 年ぶりの個展となる本展では、昨年シンガポールで発表した「Hanging Garden」(ジャパン・クリエイティブ・センター、在シンガポール日本大使館、2016 年)の巡回展として、シンガポールとバビロンの空中庭園、そして人間の存在を重ね合わせた作品を発表します。新田友美は白いキャンバスに浮かぶ匿名的で抽象化された女性像を描いた絵画シリーズ「Infinite Set(無限集合)」を通して、刻々と変化し続ける無限集合の総体のような人間存在のあり方を一貫して表現してきました。2015 年にシンガポールに拠点を移した新田は、都市国家として合理的に計画・整備され、急速に発展を遂げたシンガポールの都市のあり方にも同様なテーマを見出しています。
タイトルの「Hanging Gardens」は、大柄の樹木や熱帯植物とコンクリートが絡まりながら共存するシンガポールの街のイメージをバビロンの空中庭園になぞらえたものです。“世界の七不思議”の一つである古代ギリシア時代のバビロンの空中庭園は、の高度な技術を用いて作られた階段状に庭園が広がる伝説的な建築物です。砂漠の国に嫁ぐのを嫌がった王妃を慰めるために作られたと言われており、絶えず水を引き、手入れをしなければ砂と化してしまうような創造物であったかもしれません。最初の印象が「空中庭園」であったと新田が語るように、シンガポールは植林を巧みに操ることで、建物の密集する都市に人工的な「緑の肺(としての庭園)」を持ちます。現代の都市化の一つであるグリーン・アーバニズムを反映している一方、1967 年に当時の首相リー・クアンユーが提唱した“庭園都市”としてのシンガポールの理想像は、新たな都市国家としての存在意義を自ら作り出すための政治的パフォーマンスともいえます。
また、「空中庭園」は、私たちの存在そのものの隠喩としても立ち現れます。私たちは、免疫によって外部から自らを隔てながら、絶え間ない細胞の生死の繰り返しによって維持されており、その営みが終わ新田友美「Infinite Set 43」139 x 206.5 cm (or variable), oil, crystal powder on canvas, 2016 Photo by Geraldine Kangることは肉体としての死であり、物質へと帰してしまうような存在です。生命活動という過程につねに身をおきながら、「空中庭園」として生きる私たちは、自身の存在の意味や環境を自らが構築し続ける存在でもあります。人間の存在論的な営みと、そこに立ち昇る無限の世界や曖昧な認識の世界を長年探求してきた新田は、「空中庭園」という絶えず生み出され維持され続けなければいけないメタボリックな都市と、私たちの存在そのものを橋渡しするかのように鑑賞者を深い思考へと誘い込みます。

メディア

スケジュール

2017年07月01日 ~ 2017年08月05日

オープニングパーティー 2017年07月01日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

新田友美

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use