「茶の湯のうつわ - 和漢の世界」

出光美術館

200円

off!

poster for 「茶の湯のうつわ - 和漢の世界」

34日後終了
本日(月曜日)休館

茶の湯の風習が武家のみならず公家や豪商、町衆にまで広がった江戸時代。それまでのわび茶の伝統を受け継ぐ楽茶碗に加え、唐津焼や萩焼など、地域ごとに特徴的なうつわがさかんに作られるようになりました。さらに、中国から輸入された「唐物」や朝鮮半島からの「高麗物」、安南(ベトナム)産のものなど、多様なうつわも用いられました。本展では江戸時代に幅広く展開した茶の湯のうつわを中心に、特集展示として出雲松平家の茶の湯に関する道具帳『雲州蔵帳』も取り上げ、江戸時代の茶人の美意識を紹介します。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2017年04月15日 ~ 2017年06月04日

入場料

一般 1000円、大学生・高校生 700円、中学生以下 無料(ただし保護者の同伴が必要です)

アートスペースの開館時間

10:00から17:00まで
金曜日は19:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は開館

アクセス

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9階
電話: 03-5777-8600

有楽町駅国際フォーラム口より徒歩5分、日比谷駅帝劇方面出口より徒歩5分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use