西村豊「八ヶ岳 生きもの ものがたり」

清里フォトアートミュージアム

poster for 西村豊「八ヶ岳 生きもの ものがたり」
[画像: 西村豊「青いクルミをくわえたニホンリス」(2012)]

69日後終了

西村は、撮影にあたって餌付けはせず、野生の「日常」にこだわります。そのため大変厳しい条件で撮影して来ました。写真絵本『よつごのこりす』では、あえてリスたちに吹き出しをつけて見せ、子どもたちの想像力をかきたてます。西村の眼に映る生きものの細かな表情の変化や、身体表現から読み取れる感情などを、子どもにもわかるように見せることが、西村の写真の目指すところと言えるでしょう。観察し、発見する楽しさを丁寧に伝え、「今度はあなた自身で見出してほしい」という思いが西村の活動の原動力となっているのです。西村の代表作であり、当館の収蔵作品である「ヤマネ」シリーズをはじめ、デビュー作のホンドギツネ、また近年、児童向けの写真絵本として発表しているニホンリスの「よつごのこりす」シリーズ、ニホンジカ、キツネの「ごんちゃん」など、未発表作品を含む約200点を展示し、西村の多様な活動と写真から、八ヶ岳の豊かな自然と共存する生きものたちの生命(いのち)の輝きを展示します。また、会期中には、西村によるトークを開催するほか、入館無料デーやヤマネポストカードのプレゼントデーも多数あります。そのほか、「子りすの紙相撲」や「お米作りすごろく」、自由に感想や絵を描いて貼り付けられる「メッセージの木」など、お子さまが遊べるコーナーもあります。
[関連イベント]
1、アーティスト・トーク
ホンドギツネのお母さんやヤマネの赤ちゃん、ニホンリスの家族など、西村が出会ったさまざまな生きものについて語ります。
日時: ①7月30日(日)14:00〜15:00
   ②8月5日(土)14:00〜15:00
会場: 展示室&ガーデン
トーク: 西村豊
参加料: 入館料のみ
2、K・MoPAチャリティ・トーク2017
「リスの写真で脳トレ!? 脳科学者の視点でみる西村豊の写真」
日時: 9月2日(土)14:00〜16:00
会場: 音楽堂
出演: 西村豊、篠原菊紀(脳科学)
参加費: 一般3,000円(入館料を含む) 2名以上はお一人2,000円 小・中学生は無料
※要予約/定員120名/全席自由
3、プラチナ・プリント・ワークショップ
プラチナ・プリントは、古典技法のひとつで、優美な色調と高い保存性が特徴です。当館では、<永遠のプ ラチナ・プリント>を基本理念のひとつに掲げており、作品の収集のみならず、技法の継承を目指して、毎 年プラチナ・プリント・ワークショップを開催しています。フィルムを使用し、手作りの印画紙に写真を 焼き付け、現像するという写真の原点を体験することで、写真の新しい見方や、表現世界の広がりを得る ことができるでしょう。「暗室作業は初めて」という方も「作品制作に取り入れたい」という方にも、細江 賢治講師が丁寧に指導します。
日時: 11月11~12日(2日間)
講師: 細江賢治(写真家)
参加費: 30,000円(入館料を含む)
定員: 限定8名
※詳細は公式ホームページよりご確認ください

メディア

スケジュール

2017年07月01日 ~ 2017年12月03日
開館時間: 火曜日は休館、7・8月は無休

アーティスト

西村豊

ホームページ

http://www.kmopa.com/ (アートスペースのウェブサイト)

入場料

一般 800円、大学生 600円、中学生・高校生 400円

アートスペースの開館時間

10:00から18:00まで
火曜休館
火曜日が祝日の場合は開館

アクセス

〒407-0301 山梨県北巨摩郡高根町清里 3545-1222
電話: 0551-48-5599 ファックス: 0551-48-5445

JR中央本線小淵沢駅にてJR小海線乗り換え清里駅下車タクシーで約10分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use