「蓄音機音楽会『ジャズ大集成 (サミット) (43) - ホーキンスの欧州紀行』」

インターメディアテク

poster for 「蓄音機音楽会『ジャズ大集成 (サミット) (43) - ホーキンスの欧州紀行』」

このイベントは終了しました。

インターメディアテク内階段教室「ACADEMIA」にて、蓄音機音楽会を定期的に開催しております。「湯瀬哲コレクション」から1920—1940年代ジャズの名盤を厳選し、銘機ヴィクトローラ社クレデンザなどで再生し、今やパブリックな場では鑑賞できない音の醍醐味を共有する機会を設けます。1934年春、テナーサックスの巨匠コールマン・ホーキンスはロンドンの名劇場「パラディウム」で欧州デビューします。それまでフレッチャー・ヘンダーソン・オーケストラの主要ソリストとしてジャズ・サックスの音楽表現を築き上げたホーキンスは、大戦勃発の直前まで5年間、ヨーロッパで演奏し続けました。その間、ホーキンスは現地ミュージシャンとの共演を通じてアメリカの最新音楽を広めると同時に、旧大陸の伝統を吸収しました。今回は、ロンドンでの録音から、パリで行われたジャンゴ・ラインハルトとの共演まで、ホーキンスの欧州音楽体験を網羅します。

[音楽会詳細]
日時: 2017年10月13日(金) 18:00 (終了予定時間19:00)
場所: インターメディアテク2階ACADEMIA(レクチャーシアター)
席数: 48席(先着順)
参加費: 無料(事前予約不要)
*席に限りがありますので予めご了承ください。

メディア

スケジュール

2017年10月13日 18:00~19:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use