「新収蔵品展~山本冬彦氏からの寄贈を受けて~」

佐藤美術館

poster for 「新収蔵品展~山本冬彦氏からの寄贈を受けて~」

明日で終了

山本冬彦氏はサラリーマンでありながら、約40年間で1800点の作品を蒐集してきた、いわゆる「サラリーマンコレクター」の先駆けともいう方です。特に「アートのソムリエ」と称し、一般の方への画廊の巡り方や美術品購入のアドバイスなど、普及活動を積極的に展開してきました。当館は、奨学金支給など若手作家のサポートを積極的におこなっており、山本氏との活動の接点も多く、その縁で2010年には当館で「山本冬彦コレクション展~サラリーマンコレクター30年の軌跡」を開催いたしました。
長年コレクションをしていらっしゃった山本氏ですが、今回、日本画家小嶋悠司氏の作品を中心に当財団の奨学生を含む50点の作品を寄贈していただけることとなりました。本展は、その記念の展覧会となります。
山本氏が等身大の目線で蒐集してきた作品に触れていただくことにより、一人でも多くの方が自分の好みにしたがって幅広くアートを楽しみ、身近に感じていただけることを願います。

[出品作家]
青山亘幹、有井カヅキ、岩田壮平、岩田俊彦、内田あぐり、海老洋、岡村桂三郎、小木曽誠、金井訓志、河内成幸、河嶋淳司、川瀬伊人、川端健生、北田克己、久野和洋、小嶋悠司、斎藤典彦、西村美和、林孝彦、開光市、舟越桂、マコトフジムラ、松崎和実、三瀬夏之介、三浦ひろみ、毛利太祐、森山知己、山本太郎、綿引明浩

[関連イベント]
1. 対談「コレクターと画家」
日時: 1月28日(日) 14:00~15:00
出席者: 日本画家 岩田壮平・山本冬彦
※予約不要

2. 鼎談「コレクターとしての自負」
2月3日(土) 14:00~15:00
出席者: 木村悦雄、原田俊一、山本冬彦
※予約不要

※イベントは全て無料。但し展覧会の入場料が必要です。

メディア

スケジュール

2018年01月12日 ~ 2018年02月25日

ホームページ

http://sato-museum.la.coocan.jp/ (アートスペースのウェブサイト)

入場料

一般 600円、学生 400円、中学生以下無料

アートスペースの開館時間

10:00から17:00まで
金曜日は19:00まで

アクセス

〒160-0015 東京都新宿区大京町31-10
電話: 03-3358-6021 ファックス: 03-3358-6023

JR総武線千駄ヶ谷駅より徒歩5分、JR総武線信濃町駅より徒歩6分、都営大江戸線国立競技場駅A3出口より徒歩4分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use