「あそび心あふれるメキシコの民芸玩具」展

世田谷文化生活情報センター生活工房

poster for 「あそび心あふれるメキシコの民芸玩具」展
[画像: 《悪魔のハンぺルマン》1980年代 作者不明]

このイベントは終了しました。

日本から約1万kmも遠く離れているメキシコ合衆国。しかしその交流の歴史は400年も前に始まり、今年は外交関係樹立130周年の記念年を迎えます。国土は日本の約5倍。多種多様な気候風土と民族の歴史が、豊かな手仕事を育んできた土地でもあります。本展では、造形教育学の視点から世界の玩具を蒐集する春日明夫氏のコレクションより、メキシコ・グアナファト州の玩具職人グメルシンド・エスパーニャの作品を中心とした玩具を展示します。グメルシンド(愛称ドン・シンダ)はメキシコ民芸玩具の黄金時代を知る最後の職人でしたが、残念ながら今年の2月に83歳で他界しました。彼のつくる玩具は素朴で、ユニークな動きをする愉快な作品ばかり。1960年代~現代までの貴重な玩具と関連作品約150点をご紹介し、メキシコ玩具の造形や色彩の魅力を伝えます。玩具を愛で、玩具とあそぶ楽しみ。それは子どもだけでなく大人にとっても等しく、人間の生涯に贈られたギフトではないでしょうか。メキシコのデザインにあふれるキュートとユーモアを、どうぞお楽しみください。
[関連イベント]
ワークショップ おもちゃ博士と起きあがりガイコツ人形をつくろう!
日時: 11月17日(土)13:00~15:00
講師: 春日明夫(東京造形大学教授、芸術学博士)
対象: 小学3年生~大人(小学校3・4年生は保護者と参加)
参加費: 500円(材料代を含む)
定員: 抽選20名
※イベント詳細、お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2018年10月27日 ~ 2018年12月09日
開館時間 9:00〜20:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援