ダニエル・アーシャム 「アーキテクチャー・アノマリーズ」

NANZUKA

poster for ダニエル・アーシャム 「アーキテクチャー・アノマリーズ」

このイベントは終了しました。

アメリカ人アーティスト、ダニエル・アーシャムの新作個展「アーキテクチャー・アノマリーズ」を開催致します。本展はアーシャムにとって当ギャラリーでは二度目の個展となります。また、ペロタン東京との同時開催展となります。

アーシャムは、1980年アメリカのオハイオ州で生まれ、現在はNYで活動をしているアーティストです。その作品は、「Fictional Archeology」(フィクションとしての考古学)というコンセプトに基づいた立体作品、ペインティング、インスタレーション、そしてパフォーマンスなどと多岐にわたります。その作品は、既にPS1 in New York, The Museum of Contemporary Art in Miami, The Athens Bienniale in Athens, Greece, The New Museum in New York, Mills College Art Museum in Oakland, California and Carré d'Art de Nîmes, France など世界中の数多くの美術館、国際展等で発表されています。また、近年アーシャムは映像作品の制作にも精力的に力を入れており、「Future Relic」と題した短編映画のシリーズを発表しています。

本展「アーキテクチャー・アノマリーズ」は、そのタイトルの通り「科学的常識、原則からは説明できない逸脱、偏差を起こした現象を含む構造」をテーマとした、アーシャムの新作から構成されます。昨年のモスクワビエンナーレにおける個展「Moving Architecture」(VDNKh, モスクワ)では、本展のシリーズを象徴する巨大な彫刻インスタレーションを発表し、大きな話題となりました。

アーシャムは、常に新しい素材の探求と実験を繰り返しながら、非現実を生み出すための装置を探し続けています。 こうした探求は、建築プロジェクトユニット、スナーキテクチャーの共同主催者としても活動するアーシャムの建築と環境(地学)への関心に基づきます。どこにも辿り着く事の無い階段、人工的構造物を覆い尽くす樹木など、困惑させられたり、困惑する事を期待したりする空間や時間をアーシャムは注意深く発見し、作品へと還元します。

本展は、浸食した壁、壁と同化した布、身体性を連想させるだけの布といったインスタレーション作品を中心に構成される予定です。こうした作品たちは、空間とアート作品との関係性、私たちの視覚認識と身体感覚との関係性といったテーマに対するアーシャムの関心と研究を反映しています。

[同時開催]
ダニエル・アーシャム「カラー・シャドウ」
会場: 東京ペロンタン
会期: 5月23日〜6月30日

メディア

スケジュール

2018年05月23日 ~ 2018年06月30日

オープニングパーティー 2018年05月23日17:00 から 20:00 まで

Facebook

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use