「杉浦非水の花鳥画」展

多摩美術大学美術館

poster for 「杉浦非水の花鳥画」展

11日後終了

杉浦非水(1876-1965)は、日本のモダンデザインの先駆者として、先鋭的で華麗なグラフィックデザインを手がけ、明治、大正、昭和にかけて活躍し、図案家として名声を博しました。1901年東京美術学校卒業後、印刷会社、教員、新聞社を経て、1908年から1934年にかけて三越のデザイナーとして様々なデザインの仕事を手がける傍ら、「光風会」「七人社」など新しい美術やデザインの動向を志向する集団の設立にも尽力しました。その時期に発刊された木版画による草花写生図集「百花譜」(1920-1922年、1934年再刊 春陽堂)は、非水が初期のアールヌーボー風なデザインから日本画的な自然で単純化された表現を確立した典型として知られます。その後1935年に多摩美術大学の前身である多摩帝国美術学校の初代校長となり、図案科の中心的指導者となって、戦後は多摩美術大学の理事長を務めました。 この展覧会では、当館のコレクションである「百花譜」のうち90点と、戦中に非水が身近な草花や鳥獣を写生したスケッチブック画より花鳥画をご紹介いたします。非水が身近な自然としての山野草にこだわり、創作図案の根底にあった写生精神の神髄をご堪能ください。
[関連イベント]
学芸員によるギャラリートーク
日程: 月14日(土)・4月28日(土)、15:00〜16:00
*詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2018年04月04日 ~ 2018年05月06日

アーティスト

杉浦非水

ホームページ

http://www.tamabi.ac.jp/museum/ (アートスペースのウェブサイト)

入場料

一般 ¥300、大学生・高校生 ¥200

アートスペースの開館時間

10:00から18:00まで
火曜休館
火曜日が祝日の場合は火曜日開館、翌日水曜日休館

アクセス

〒206-0033東京都多摩市落合1-33-1
電話: 042-357-1251 ファックス: 042-357-1252

京王相模原線・小田急多摩線・多摩モノレールで「多摩センター」駅下車徒歩5分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use