飯嶋桃代「鏡とボタン―ふたつの世界を繋ぐもの」展

ギャルリー東京ユマニテ

poster for 飯嶋桃代「鏡とボタン―ふたつの世界を繋ぐもの」展

このイベントは終了しました。

飯嶋は1982年神奈川県生まれ。2011年女子美術大学大学院美術研究科博士後期課を修了。在学中から発表し、近年ではgalleryαM(東京、2014 北澤憲昭氏キューレーション)、「第9回shiseido art egg」 shiseido gallery(東京、2015)での個展、「新進芸術家選抜展 FAUSS 2016」O美術館(東京、2016)など精力的に発表。繊細な素材を使ったダイナミックなインスタレーションで注目を集める作家です。

飯嶋はこれまで古着や食器などの日用品を家型の白いパラフィンワックス(蝋)に封じこめた作品や、衣服のボタン、ネームタグ、毛皮などを用いて壁面を覆いつくす大掛かりなインスタレーションを発表してきました。それらの素材は、すでに様々な人の記憶やぬくもりを纏ったものであり、また家や衣服は安全に身体を保護するという目的も持ち合わせています。

また、前回ユマニテでの展示では器を廃棄する場である「ものはら」をキーワードに、展示空間を大量の茶碗で埋め尽くしたインスタレーションを発表。飯嶋はこれまで様々な価値観や問題をはらんだ現代の家族、家の在り方とそれを構成する個人一人ひとりの危うい関係性をテーマに制作してきました。

今回は巨大な鏡が出現し、現実ともう一つのいわば虚構の世界を作り上げます。日々を過ごす中で互いに呼応し、また相反する二つの世界と個人の関係。美しくも儚く、力強い飯嶋の世界。

会場: B1F

メディア

スケジュール

2018年06月11日 ~ 2018年06月30日 17:00
日曜日は休館

アーティスト

飯嶋桃代

Facebook

Reviews

Jeremy Woolsey tablog review

Inanimate Performance: A Mirror and Buttons—Connecting Two Worlds

Momoyo Iijima’s art deals with the memory objects possess internally.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use