「ムンク展 - 共鳴する魂の叫び - 」

東京都美術館

poster for 「ムンク展 - 共鳴する魂の叫び - 」

このイベントは終了しました。

世界で最もよく知られる名画の一つ《叫び》を描いた西洋近代絵画の巨匠、エドヴァルド・ムンク(1863-1944)。画家の故郷、ノルウェーの首都にあるオスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に、約60点の油彩画に版画などを加えた約100点により構成される大回顧展です。複数描かれた《叫び》のうち、ムンク美術館が所蔵するテンペラ・油彩画の《叫び》は今回が待望の初来日となります。愛や絶望、嫉妬、孤独など人間の内面が強烈なまでに表現された代表作の数々から、ノルウェーの自然を描いた美しい風景画、明るい色に彩られた晩年の作品に至るまで、約60年にわたるムンクの画業を振り返ります。

[関連イベント]
1. 記念講演会
第1回「エドヴァルド・ムンク:絵画的実験と実存の探求」
日時: 10月27日(土) 14:00~15:30
講師: ヨン=オーヴェ・スタイハウグ氏(ムンク美術館 展覧会およびコレクション部長)
第2回「ムンク以前・以後」
日時: 12月2日(日) 14:00~15:30
講師: 水沢勉氏(神奈川県立近代美術館 館長)
※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2018年10月27日 ~ 2019年01月20日
月曜日、12月25日、1月1日、15日は休館。金曜日、11月1日(木)、3日(土・祝)は9:30~20:00まで開館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援