平山昌尚 「カード」

TALION GALLERY

poster for 平山昌尚 「カード」

このイベントは終了しました。

平山昌尚は、画用紙にボールペンとマーカーなどきわめて身近な画材だけを用いて、ときにはプレゼントで貰ったペンやあり合わせの絵の具も使いながら、記号的なおかしみと仕掛けに満ちたドローイングを継続的に制作しています。これまでに多数のアートブックを出版し、近年ではチューリヒや台北で個展を開催するなど、国内外で展覧会を開催しています。平山のあらゆる作品、インスタレーションや展示にはすべて通し番号が付され、その数は2018年9月時点で「7889」となっています。平山のミニマルな筆致によって描かれる多くのドローイングは、とりとめのない戯れのような親しみを感じさせる一方で、対象やモチーフを身も蓋もない視点から純化して表象的骨格を浮かび上がらせる、機械的なマニュピレーションのようにも見えます。そこに何が描かれているのかが分かるという記号性と、微小な線の揺れやモメンタムが感傷やユーモアを帯びる図像性が折り重なった独特な作品は、平山のシンプルかつ反復的な手法とアプローチによってはじめて可能となるものです。このアプローチの中心に穿たれた無意味さの穴ぼこは、作品の意味やコンセプトといった瓦礫の山を投げ入れるのに充分なだけでなく、ユーモアや道化、謎かけやゲームが次々と飛び出てくるトンネルでもあります。タリオンギャラリーでの二回目の個展となる本展覧会では、平山が描いたドローイング・カードの中から、選び出された4枚の絵が拡張されて壁画となり、展示会場の四方に現れます。「これは空間を速く仕上げるゲームでもあります。」と平山自身が述べるように、展覧会の構成そのものがゲームとなって観客を取り囲みます。
[関連イベント]
二艘木洋行/平山昌尚 作品集「ニューホライゾン|NEW HORIZON」出版記念トークイベント
日時: 11月1日(木)19:00〜20:30
会場: TALION GALLERY 東京都豊島区目白2-2-1 B1
定員: 30名
入場料: 1000円
出演者: 副田一穂(愛知県美術館学芸員)、中尾拓哉(美術評論家)、二艘木洋行、平山昌尚
※関連イベント詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2018年10月06日 ~ 2018年11月04日

アーティスト

平山昌尚

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援