「丹平写真倶楽部の三人展: 音納捨三、河野徹、椎原治」

MEM

poster for 「丹平写真倶楽部の三人展: 音納捨三、河野徹、椎原治」
[画像: 音納捨三 「花」1939s, vintage gelatin silver print, 28.5×30.4cm]

このイベントは終了しました。

丹平写真倶楽部は1930年に設立されましたが、同年に中山岩太が設立した芦屋カメラクラブ、そして、すでに存在していた浪華写真倶楽部とともに関西での新興写真運動の中心の一つになりました。音納捨三はフォトグラムを研究し抽象的、叙情的な写真の表現を追求、河野徹は瑛九主宰のデモクラートに参加、ストレートで乾いた造形を得意としました。椎原治は画家として出発し、ソラリゼーションやガラス乾板に直接絵を描くフォトパンチュールと呼んでいた実験的な技法の写真作品等を多く生み出しました。

メディア

スケジュール

2018年01月06日 ~ 2018年01月28日

アーティスト

音納捨三河野徹椎原治

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use