片桐飛鳥 「光と今—Photon Superposition」

KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY

poster for 片桐飛鳥 「光と今—Photon Superposition」
[画像: 片桐飛鳥 21_34 #354 2014 | type c print | 21 × 34 inches © Asuka Katagiri, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY]

2日後終了

片桐はこれまで一貫して「光」をテーマに写真作品を制作してきました。ライフワークとして現在も取り組む〈Light Navigation〉シリーズでは、宇宙から届いた太陽光をそのままフィルムに捉えた写真作品を制作し、本展ではじめて個展形式にて発表される〈21_34〉シリーズもまた、2009年から継続する「光」を被写体とした写真作品です。〈21_34〉シリーズは、夜空に打ち上がげられる「花火」の光を捉えた写真作品です。夜空一面に広がる人工的でありながら刹那的な光は、はじまりと終わりを持つ命のようでもあります。その光を、片桐は集中力を研ぎ澄ました静寂な瞑想状態で、カメラを手で持ち、時間の流れに逆らうかのように、人間の眼には捉えることのできない光の痕跡を記録していきます。また片桐はフィボナッチ数列* に含まれる「21、34」の数字に着目し、本作を「21インチ×34インチ」という寸法の印画紙にプリントしています。花びらや果実などの自然界の現象に数多く出現するフィボナッチ数の値を借りながら、人為的なふるまいと自然法則との重ね合わせの状態を視覚化させているとも言えるでしょう。光を追い続けた片桐が、これまでの表現からさらに踏み込んだ新シリーズ〈21_34〉を、10年越しにていよいよ個展形式に発表するこのたびの貴重な機会を、是非ともお見逃しなくご高覧いただけますと幸甚です。
[関連イベント]
1. トークイベント
日時: 1月19日(土)17:00-18:30
ゲスト: 小林美香氏(写真研究者/東京国立近代美術館 客員研究員) × 片桐飛鳥(アーティスト)
2. トークイベント
日時: 2月23日(火)17:00-18:30
ゲスト: 石田哲朗氏(東京都写真美術館 学芸員) × 片桐飛鳥(アーティスト)
※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年01月19日 ~ 2019年02月23日

オープニングパーティー 2019年01月19日18:30 から 20:00 まで

アーティスト

片桐飛鳥

入場料

無料

アートスペースの開館時間

13:00から20:00まで
土曜日は12:00から, 土曜日は19:00まで
月曜・日曜・祝祭日休館

アクセス

〒106-0031 東京都港区西麻布2-7-5-5F
電話: 03-5843-9128

東京メトロ千代田線乃木坂駅5番出口より徒歩9分、東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅A5番出口より徒歩11分、東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅1a出口より徒歩11分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援