「今右衛門の色鍋島 - 人間国宝の技と美 - 」

そごう美術館

poster for 「今右衛門の色鍋島 - 人間国宝の技と美 - 」

このイベントは終了しました。

江戸時代に鍋島藩、現在の佐賀県で生み出された最高級色絵磁器、色鍋島。幕府をはじめ各藩への献上品として職人たちの手によって発展し、受け継がれてきました。明治以降、その伝統と技術を守ってきたのは今泉今右衛門家でした。本展では、江戸時代の優れた作品から、2014年に陶芸家としては史上最年少で人間国宝に認定された十四代今泉今右衛門の新作まで、370年にわたる色鍋島の歴史を約180点の秀作とともに振り返ります。

[関連イベント]
人間国宝 十四代 今泉今右衛門氏に習う親子で体験ワークショップ
日時: 2月17日(土) 13:00〜、14:00〜
登壇者: 十四代今泉今右衛門
場所: そごう横浜展6階 美術画廊
定員: 各回5組10名(小学校高学年以上の親子)
参加費: 2000円

※申し込み方法については公式ホームページをご覧ください

メディア

スケジュール

2018年01月27日 ~ 2018年02月18日

アーティスト

今泉今右衛門

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use