西村雄輔 「地と対話するために - その行為・生きる場・時間を記憶するもの」

3331 Arts Chiyoda

poster for 西村雄輔 「地と対話するために - その行為・生きる場・時間を記憶するもの」

このイベントは終了しました。

西村雄輔は、蜂蜜や蜜蝋といった自然の素材を用い、場所の持つ記憶や時間との関わりについて提示するアーティストであり、2006年から群馬県桐生市にある操業を止めた織物工場に、光と風を取り込む活動yamajiorimono*worksを行っています。本展はこの現在進行形の活動yamajiorimono*worksの一端を表現するものであり、西村が素材としてしばしば用いてきた蜂蜜を使用して織物工場で記憶された時間を再現するとともに、ギャラリー内で流れる時間をそこに留めていきます。またこれまでの活動について、約2,000枚もの写真資料を用いた作品で振り返ります。過去、現在、未来という3つの時間軸が一つの空間のなかで溶け合う、西村独自の世界をどうぞご体感ください。さらに関連イベントとして、アーティスト本人によるギャラリートークを行うほか、東京大学大学院建築学専攻教授の松村秀一氏とアーツ千代田3331の統括ディレクターである中村政人を交えたトークイベントを開催し、建築の視点からyamajiorimono worksを再考します。
会場: 3331Gallery(東京都千代田区外神田6丁目11-14 アーツ千代田3331 1階 104)
[関連イベント]
1. 対話の中で生まれるものー西村雄輔によるギャラリートーク」
日時:3月9日(金)19:00-20:00
会場:3331 Gallery(1階 104)
ファシリテーター:藤岡勇人
2. 西村雄輔×松村秀一×中村政人「場の精神― 建築と美術を行き来する」
日時:3月24日(土)19:30-21:30
会場:B105 マルチスペース(地下1階)
料金:500円(ワンドリンク付き)・要申込 ※締切: 3月23日(金)12:00
ゲスト:松村秀一氏(東京大学大学院工学系研究科建築学専攻教授)
モデレーター:中村政人(アーツ千代田 3331 統括ディレクター)
詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2018年03月01日 ~ 2018年03月31日
11:00〜20:00開館

アーティスト

西村雄輔

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use