「東京⇆沖縄 池袋モンパルナスとニシムイ美術村」展

板橋区立美術館

poster for 「東京⇆沖縄 池袋モンパルナスとニシムイ美術村」展
[画像: 佐伯祐三 「下落合風景(テニス)」1926(大正15)年頃、 新宿区(落合第一小学校)蔵]

このイベントは終了しました。

1930年代の池袋周辺には、アトリエ付き住宅長屋が立ち並び、その様子はパリの芸術家街になぞらえ「池袋モンパルナス」と呼ばれました。そこには若き日の靉光、麻生三郎や沖縄から上京した南風原朝光、山元恵一といった画家たち、詩人の小熊秀雄らも集い、切磋琢磨しながら新たな表現を模索します。隣接する「落合文化村」にも佐伯祐三、松本竣介、沖縄出身の名渡山愛順らをはじめとする画家たちが文学者、音楽家たちと共に居を構えています。池袋、落合一帯は様々なジャンルの芸術家が集まり、文化の醸成の場となりました。1941年に始まる太平洋戦争は、こうした営みを一変させ、自由な作品発表の場は失われます。
戦後「池袋モンパルナス」は再建され、次世代の画家が集まり、新たな美術運動の発信の場となりました。地上戦で大きな被害を受けた沖縄の首里にも学生時代を池袋や落合で過ごした名渡山や山元を中心に「ニシムイ美術村」が1948年に建設されます。画家や彫刻家に加え、文化人たちも集い、ここは戦後沖縄の美術と文化の展開に主導的な役割を果たしました。
本展は、池袋、落合、ニシムイに集った画家や詩人の作品約90点により、戦前から1971年の沖縄返還協定調印の頃までの、東京と沖縄の文化交流の一断面を紹介します。東京と沖縄に華開いたアトリエ村を総括して紹介する、東京では初めての展覧会です。

[関連イベント]
1. 対談「沖縄・ニシムイ美術村と画家たち」
日時: 2月24日(土) 14:00~15:30(13:00開場予定)
講師: 前田比呂也(沖縄県立博物館・美術館 前美術館副館長)、豊見山愛(沖縄県立博物館・美術館 美術館主任学芸員)
会場: 板橋区立美術館 1階講義室
※申込不要、聴講無料、先着100名、当日会場へ直接お集まりください。

2. お話を聞く会「落合・池袋・ニシムイ 子どもたちの見たアトリエ村」
日時: 3月10日(土) 14:00~15:30(13:00開場予定)
講師: 松本莞(松本竣介ご子息/建築家)、寺田農(寺田政明ご子息/俳優)、安次富隆氏(安次富長昭ご子息/プロダクトデザイナー)
聞き手: 弘中智子(板橋区立美術館学芸員)
会場: 板橋区立美術館 1階講義室
※申込不要、聴講無料、先着100名、当日会場へ直接お集まりください。

3. 講演会「時空を横断する画家たち 東京⇆沖縄、1930年代から70年代へ」
日時: 4月14日(土) 14:00~15:30(13:00開場予定)
講師: 小沢節子(近現代史研究者)
会場: 板橋区立美術館 1階講義室
※申込不要、聴講無料、先着100名、当日会場へ直接お集まりください。

4. 鑑賞講座「池袋、落合のアトリエ村に行って見る」
第1回
日時: 4月7日(土) 14:00~15:00
板橋区立美術館にて講義
講師: 弘中智子(板橋区立美術館学芸員)
第2回
日時: 4月8日(日) 13:00~16:00
池袋、中井周辺を散策
講師: 本田晴彦(アトリエ村資料室代表)

定員: 20名(定員を超えた場合抽選)
対象: 全2回参加できる高校生以上の方
受講料: 1,500円(各地への交通費、保険料が別途必要)

5. ギャラリートーク
日時: 3月3日(土)、3月17日(土)、3月24日(土)、3月31日(土)14:00~15:00
※当館2階展示室にて、申込不要、参加無料、当日直接会場へお越しください。

※各イベントの詳細・申し込み方法は公式ホームページをご確認下さい。

メディア

スケジュール

2018年02月24日 ~ 2018年04月15日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use