Hisham Akira Bharoocha 「Now Until The End」

SNOW Contemporary

poster for Hisham Akira Bharoocha 「Now Until The End」
[画像: “Echo of the Hand” 2018 inkjet print on canvas, acrylic paint, 30.5x30.5cm]

このイベントは終了しました。

現在、ニューヨークを拠点に活動するHisham Akira Bharoocha (ヒシャム アキラ バルーチャ)は、日本人の母とビルマ人の父を持ち、幼い頃から家族とともに東京、トロント、ロサンゼルス、サンディエゴと、様々な街を移り住んできました。その後、1998年にニューヨークのロードアイランド・スクール・オブ・デザインを卒業します。在学中から音楽やビジュアルアート、デザイン、ファッション、写真など様々なフィールドで活躍してきたBharoochaの作品は、インスタレーションからペインティング、コラージュ、写真と多岐にわたります。緻密にコントロールされた色彩の重なりと線が作りだすスペースによって構成されるパターンを背景に、意表をついた自由な空想世界のモチーフが独自の躍動感を持ち、観る者の身体感覚にリズムを刻むBharoochaの世界観は、無意識のイメージや過去の体験、夢と現実が混在しており、Bharoocha自身の幼少時の思い出や、音楽や写真、ウォールペインティングなど身体性を伴う様々な分野で活動している経験から培われたのであろうことが伺えます。
SNOW Contemporaryにて二度目となる本個展では、デジタルでプリントされたキャンバスにコラージュとペインティングを施した新作を発表いたします。Bharoochaはこれまで、コラージュやペインティング、写真などのメディアで作品制作をしていましたが、それぞれ独立した形で制作を続けてきていました。今回の新作では、それらを結びつけた作品を発表する予定です。Bharoocha自身が撮影した写真や、雑誌や本から見つけたイメージを加工した画像を作品のベースとし、複雑で混沌としたイメージを構成しています。Bharoochaは、過去から現在に至るまでに集積された莫大な情報をいかに取り入れ、発展させていくことや、人が生涯をかけて答えを追求していくプロセスに興味があり、本展のタイトルを「Now Until The End」と名付けました。

メディア

スケジュール

2018年11月09日 ~ 2018年12月08日

オープニングパーティー 2018年11月09日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援