「所蔵作品展 MOMATコレクション」

東京国立近代美術館

このイベントは終了しました。

20世紀はじめから今日に至る日本の近現代美術の流れを、国際的な関連も含めて紹介します。4階第1室は「ハイライト」。当館選りすぐりの名品が凝縮されています。2室から12室までは、おおよそ時代順ですが、部屋ごとにテーマをたてて、各時代の美術と社会の関係をさまざまな角度から見ることができます。例えば3階の6室では太平洋戦争中の日本画に焦点を当ててご紹介します。そのほか9室では写真家の北井一夫、10室では戦後日本画を代表する横山操を特集します。2階12室では、昨年度新たに購入した、戦後アメリカを代表する彫刻家のひとりデイヴィッド・スミスの作品にご注目ください。また2階ギャラリー4では「遠くへ行きたい」と題して、ここではないどこかへ思いを馳せる作品を集めた小企画を開催します。

[関連イベント]
キュレータートーク
日時: 1) 10月6日(土) 14:00〜15:00、2) 10月26日(金) 18:30〜19:30、3) 11月30日(金) 18:30〜19:30、4) 12月1日(土) 14:00〜15:00
講師: 1) 都築千重子 (主任研究員)、2) 蔵屋美香 (企画課長)、3) 鶴見香織 (主任研究員)、4) 増田玲 (主任研究員)
*詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2018年10月06日 ~ 2019年01月20日
金曜日・土曜日は20:00まで開館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援