「粋な古伊万里江戸好みのうつわデザイン」展

八王子市夢美術館

poster for 「粋な古伊万里江戸好みのうつわデザイン」展
[画像: 左:「色絵兎花唐草文大鉢」19世紀後期 染付銘「冨貴長春」 右:「染付網目文大皿」19世紀前期 写真©Toyama Takayuki]

このイベントは終了しました。

江戸時代初頭に国産初の磁器として生まれ、公家や大名などの上流階級や遠くヨーロッパで人気を博した伊万里焼は、町人文化が栄えた江戸中期からは人々の生活の中に溶け込み親しまれていきます。本展では江戸庶民の暮らしを飾った「粋」な器をお楽しみいただきます。

メディア

スケジュール

2018年11月23日 ~ 2019年01月20日
12/29~1/3は休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援