「天文学と印刷 - 新たな世界像を求めて - 」展

印刷博物館

poster for 「天文学と印刷 - 新たな世界像を求めて - 」展

32日後終了

ニコラウス・コペルニクス、ティコ・ブラーエ、ヨハネス・ケプラー、天文学の進展に大きな役割を果たした学者と印刷者の関係を紐解きます。天動説から地動説(太陽中心説)への転換が起こるきっかけとなった『天球の回転について』。著者であるコペルニクスの名は知られている一方、本書の印刷者を知る人は少ないのかもしれません。15世紀のヨーロッパに登場した活版および図版印刷は、新たな世界像を再構築していく上で大きな役割を果たしました。学者と印刷者は共同で出版を行うのみならず、学者の中には自ら印刷工房を主宰した人物も存在します。本展では学問の発展に果たした印刷者の活躍を、天文学を中心に紹介します。
[関連イベント]
1. 対談+ 天体観望会
日時: 12月7日(金)18:30~20:45
会場: 小石川テラス[トッパン小石川ビル2F]
参加費: 3000円[ワンドリンク+軽食、企画展招待券付]
定員: 80名[先着順、事前申込制]
2. 講演会
「天文学者の占星術」
日時: 11月4日(日)14:00~15:30
登壇者: 鏡リュウジ[占星術研究家]
天文学の文体」 
日時: 11月11日(日)14:00~15:30
登壇者: 山本貴光[ゲームクリエイター・文筆家]
※イベント詳細、お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2018年10月20日 ~ 2019年01月20日

入場料

一般 800円、大学生 500円、高校生・中学生 300円、小学生以下 無料

アートスペースの開館時間

10:00から18:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館、翌日火曜日休

アクセス

〒112-8531 東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル
電話: 03-5840-2300 ファックス: 03-5840-1567

東京メトロ有楽町線江戸川橋駅4番出口より徒歩8分、JR総武線・東京メトロ有楽町線・東西線・南北線・都営大江戸線飯田橋駅東口・B1出口より徒歩13分、東京メトロ丸ノ内線・南北線後楽園駅1番出口より徒歩10分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援