菅木志雄 「放たれた縁在 Released Existence on Edges」

THE CLUB

poster for 菅木志雄 「放たれた縁在 Released Existence on Edges」

このイベントは終了しました。

THE CLUBでは、もの派を代表するアーティスト菅木志雄の個展 「放たれた縁在」を開催いたします。本展覧会では、1980年代から2016年にかけての菅の作品約20点を回顧展形式で展示致します。素材 「もの」を自在に操り、それらによって生み出される「空間」さえも作品としてみせる菅ですが、今回は「金属」の作品を中心に集め、アーティストの新たな側面をご紹介します。幼少期から、自然を観察することに時間を費やしていたという菅は、木や石といった、ほとんど加工されていない自然に存在する素材を使って作品を制作しています。それに対して、今回の展示作品に用いられている銅やアルミニウムといった人間の手で作られた素材。 異なる「もの」と「もの」の間に生まれる関係、そしてそれを展示する「空間」と「もの」との相互性。菅は、自身の作品について「人間」も「もの」も同価値ということを提示していると述べています。「自然」に存在する素材と、「人間」によって作られた素材、このふたつの「もの」が織りなす、荒々しくも、静かな空間をどうぞお楽しみください。
[関連イベント]
菅木志雄 サイン会
今回、新たに発売された展覧会カタログ「菅 木志雄 広げられた自空 | 分けられた指空性」や、その他菅木志雄の関連書籍をGINZA SIX内の蔦屋書店にてご購入された方を対象に、1日限定のサイン会にご参加いただけます。
日時: 7月1日(日)14:30〜16:30

メディア

スケジュール

2018年05月12日 ~ 2018年07月04日

アーティスト

菅木志雄

Facebook

Reviews

Simon DeBoer tablog review

Mono-ha in Metal

Kishio Suga's "Released Existence on Edges"

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use