山口晃 「すゞしろ日記」

ナディッフ アパート

poster for 山口晃 「すゞしろ日記」
[画像: (C)YAMAGUCHI Akira]

このイベントは終了しました。

日本の伝統絵画の様式を用いて、現代の事象を表現する手法で、唯一無二の絵画表現を切り拓いてきた画家・山口晃。その画業は大規模個展や芸術祭等でも広く紹介され、新聞小説や書籍の挿画・装画、CDジャケットなども手掛けるなど、活動の幅は多岐にわたります。
「すゞしろ日記」は、山口が妄想する鼻持ちならない贅沢な絵描きの生活と、それを受けてのオチを日記風に描いた絵画作品をルーツに持ち、東京都現代美術館で2004年に開催されたMOTアニュアル「私はどこから来たのか/そしてどこへ行くのか」で発表されました。その後「すゞしろ日記」という題を引き継ぎながら、エッセー漫画として、2005年より東京大学出版会のPR誌『UP』での連載が開始され、2018年の現在まで掲載回数150回を超えて愛読されています。過去の『UP』版「すゞしろ日記」や、「すゞしろ日記」風の様々な作品群は、作品集『すゞしろ日記』(2009年)、『すゞしろ日記 弐』(2013年、いずれも羽鳥書店)に纏められ、このたびついに三作目の『すゞしろ日記 参』が刊行されました。
山口は“大根と云う野暮ったい響きを、すゞしろと美しげに言いかえる様に、味気ない日常を賑やかしく妄想する”という発想を「すゞしろ日記」の題に託したといいます。画家の日常にある“どーでもいいけど楽しげなこと”の仔細を、脱力感を纏いながらも確かな筆致で描いたエッセー漫画は、大画面絵画とは異にする遊びと見どころが満載で、多くの「すゞしろ」ファンに支持されている山口の人気作です。
本展では、12年以上にわたって描き続けられている「すゞしろ日記」の原画と、元祖「すゞしろ日記」絵画作品2点を共に展覧いたします。

メディア

スケジュール

2018年03月03日 ~ 2018年04月08日

アーティスト

山口晃

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use