「再: 生成 相原信洋 Re:GENERATION Nobuhiro Aihara」

アップリンク・ファクトリー

poster for 「再: 生成 相原信洋 Re:GENERATION Nobuhiro Aihara」

このイベントは終了しました。

精緻なドローイングとサイケデリックな色彩によって混沌とした世界を描き出した、日本を代表する個人アニメーション作家・相原信洋(1944-2011)。2011年に滞在中のバリでの急逝より、今年で早くも8年となる。アニメーションの世界にとどまらず、実験映画にも通じるアヴァンギャルドな映像世界に影響を受けたアーティストは数多い。70本に及ぶその膨大な作品群は、2016年よりフィルム整理とデジタル化が進められていたが、このたび全ての作業が完了した。今回の上映では高精細なデジタルで蘇った相原の作品を、年代ごと5プログラムに分けて一挙上映する。

メディア

スケジュール

2018年02月10日 ~ 2018年02月16日

アーティスト

相原信洋

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use