「陶と模様のものがたり 菊池コレクション」展

智美術館

poster for 「陶と模様のものがたり 菊池コレクション」展

このイベントは終了しました。

何もない空白に模様を施し、飾ろうとすることは、人間の本能的な欲求だといえるでしょう。連続する文様は形にリズムを与え、凝った模様や意匠は見る者の想像力を掻き立てます。とくに工芸においては、作品の世界を深め、広げる重要な要素となります。陶磁器に目を向けると、模様は表面を飾るだけではなく、形にそって立体的に展開し、土や釉薬などの素材、焼成が引き出す質感や色彩と相互に影響し合うことで、作品に複雑な表情をもたらします。また現代においては、作り手は花鳥や古典柄など従来のスタイルを意識しつつも、描く、彫る、押す、貼るなど装飾技法を駆使し、より自由に模様表現に取り組み、多様な作品を生み出しています。本展では、やきものにおける模様をキーワードに、多彩な陶芸作品を展示します。技法やモチーフなど、模様をめぐる様々な視点を交えることで浮かび上がる「陶と模様のものがたり」を読み解きながら、現代陶芸の魅力をご紹介します。
[関連イベント]
1. 親子の陶芸ワークショップ「アートな陶芸に挑戦!!」
日時: 8月11日、12日 14:00~16:30頃予定
講師: 杉浦康益氏(陶芸家)
定員: 小学生以上、12名
参加費: こども4000円/大人4500円
2. ナイトミュージアム「バロックチェロの魅力」
日時: 10月7日 18:45開演(開場18:30予定)
演奏: 懸田貴嗣
定員: 60名
会費: 3000円
※詳細、お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2018年07月28日 ~ 2018年11月04日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援