「春を彩る 佐野美術館のおひなさま」展

佐野美術館

poster for 「春を彩る 佐野美術館のおひなさま」展

このイベントは終了しました。

明るい春の到来を告げる雛祭り。旧暦3月はじめに行われた上巳の節供は、季節の変わり目の禊の風習と少女たちの野遊びが結びついたもので、江戸時代には豪華な人形や蒔絵の雛道具を飾るようになりました。雛飾りの中心である内裏雛は、瓜実顔に豪奢な衣裳の享保雛、今の雛人形の原型となった古今雛など、その時々の流行を反映した様々なかたちが生まれました。
本展では、佐野美術館所蔵・寄託の雛から、享保雛、古今雛の他、上方発祥の御殿飾りや、芥子雛段飾り、八丁堀の名物といわれた仁杉家旧蔵極小雛飾りなど、意趣に富んだ雛の数々を展示します。あわせて御所人形や嵯峨人形など日本の古人形の魅力もご紹介します。

メディア

スケジュール

2018年02月24日 ~ 2018年04月01日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use