「Defacement」

THE CLUB

poster for 「Defacement」
[画像: ゲルハルト・リヒター 8. Juni 16 (2) 2016, oil on photograph, 16.8 × 12.5 cm (c) Gerhard Richter, courtesy WAKO WORKS OF ART]

このイベントは終了しました。

Defacement ―「破壊」や「汚す」という行為や、何かの「介入」によって元々の意味に新たな意味を加えたり、上書きして、価値を再評価すること。アートギャラリーTHE CLUBによる本展覧会では、ニューヨークを拠点とし、過去に40以上もの展覧会を手がけてきたアマンダ・シュミットをゲストキュレーターとして迎えます。アートを通して今の現代社会が抱える問題を見つめなおし、力強いメッセージを発信し続けている彼女は、2017年に「TIME Magazine」の「Person of The Year」の一人にも選ばれ、社会派の若手キュレーターとして注目を浴びています。50年代後半にアスガー・ヨルンやギー・ドゥボールらを筆頭に、膨らむ資本主義経済による大量消費社会に反抗し、その後の芸術や社会理念に大きな貢献をした前衛グループ「シチュアシオニスト・インターナショナル」。本展覧会ではそのメンバーであった画家のジャクリーン・デ・ヨングや、量産されるシルクスクリーンを用いて価値という概念を疑問視したアンディ・ウォーホル、またゲルハルト・リヒターのオーバー・ペインテッド・フォトシリーズや、日本では見る機会の少ない海外で活躍している若手アーティストまで、彼らの理念を受け継ぐ現代アーティスト12人による作品を展示いたします。今回THE CLUBにて開催される「Defacement」では、シチュアシオニストらの考えをもとに、半世紀たった今でもなお絶えず膨大な量の生産と消費が繰り返される現代社会において、破壊とはなにを意味するのか、またそこから新たな価値はどのようにして見出されていくのかを再考します。

メディア

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Things in Tokyo: August 2018

Events and exhibitions happening this month in Tokyo and beyond

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use