「第23回 岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展

川崎市岡本太郎美術館

poster for 「第23回 岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展

45日後終了

1954年、岡本太郎43歳のときに出版された『今日の芸術』。この本には「時代を創造する者は誰か」というサブタイトルがつけられていました。1996年、岡本太郎没、享年84歳。その直後、岡本太郎記念現代芸術大賞(2006年岡本太郎現代芸術賞に改称)、通称「TARO賞」が創設されました。彼の遺志を継ぎ、まさに「時代を創造する者は誰か」を問うための賞。今年で23回目をむかえた本賞では、452点の応募があり、厳正な審査を行いました結果、23名(組)が入選をはたしました。作品は、様々な機会をとらえて公表するとともに、川崎市岡本太郎美術館「第23回 岡本太郎現代芸術賞」展 にて公開いたします。21世紀における芸術の新しい可能性を探る、「ベラボーな」(太郎がよく使った言葉です)作品をご覧ください。
[入選者]
浅川正樹、井上直、大石早矢香、大小田万侑子、桂典子、小嶋晶、佐藤圭一、笹田晋平、澤井昌平、そんたくズ、高島亮三、根本裕子、野々上聡人、春田美咲、藤田淑子、藤原千也、本濃研太、松藤孝一、丸山喬平、水戸部春菜、村上力、村田勇気、森貴之
[関連イベント]
◎第23回TARO賞ギャラリートーク
第23回TARO賞入選作家によるギャラリートークを行います。
開催日: 3月1日、3月15日、3月20日、4月12日(予定)
開催時間: 14:00~(予定)
料金: 要観覧料
◎お気に入りを選ぼう!
展示されている入選作品の中から、ご来館の皆さまにお気に入り作品を投票していただきます。投票の結果は、ホームページ等で発表するとともに、上位の作家には記念品を進呈します。
日時: 2月14日~3月22日
※イベント詳細は公式ウェブサイトをご参照ください。

メディア

スケジュール

2020年02月14日 ~ 2020年04月12日

アーティスト

浅川正樹井上直大石早矢香

ホームページ

http://www.taromuseum.jp/ (アートスペースのウェブサイト)

入場料

一般 700円、大学生・高校生・65歳以上 500円、中学生以下 無料

アートスペースの開館時間

9:30から17:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館、翌日火曜日休館

アクセス

〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
電話: 044-900-9898 ファックス: 044-900-9966

小田急線向ヶ丘遊園駅南口から徒歩17分、同南口からタクシー4分、生田緑地東口(日本民家園前)下車、徒歩5分。

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援