「戦争と平和を生きたNYのストリート・アーティスト ジミー・ミリキタニ絵画展」

OGU MAG

poster for 「戦争と平和を生きたNYのストリート・アーティスト ジミー・ミリキタニ絵画展」

このイベントは終了しました。

1920年日系2世としてアメリカに生まれ、広島で育ち、戦時中はツールレイクの日系人強制収容所で暮らしたジミー・ミリキタニは、1980年代の後半からニューヨークの路上で絵を描きながら暮らしていました。彼が路上で何を感じ、何を思いながら絵を描いていたのか。2006年に公開されたドキュメンタリー映画「ミリキタニの猫」(監督:リンダ・ハッテンドーフ)では、過去と向き合いながらアイデンティティを回復していく一人の人物として描かれています。それからおよそ10年。また世界中で移民や異文化の排斥傾向が強まる中、短編「ミリキタニの記憶」(監督:マサ・ヨシカワ)が作られました。今回の企画展では、ジミー・ミリキタニがどの激動の時代にも描いていた猫をはじめとする生物や野の花などの植物をモチーフとしたの作品群が展示された晩年のアトリエに見たてたスペースで、作家が描く生き生きとした絵の魅力に直に触れていただき、また晩年まで心に抱えていた葛藤を示す、広島の原爆、ツールレイク強制収容所、9.11を描いた作品群を展示したスペースで日本とアメリカ、2つの国の狭間で戦争を経験し、平和と自由を求めて生きた作家の人生を振り返れるような二つの構成で、ジミー・ミリキタニの原画を展示します。自国内の少数民族や移民を排除したりしようとする「排他的ナショナリズム」が.高まり、戦争の危機にさらされている この時代に是非、戦争のことをずっと訴え続けた反骨精神の作家ジミー・ミリキタニに会いに来てください。
[関連イベント]
映画上映「ミリキタニの猫《特別篇》」(「ミリキタニの猫」+「ミリキタニの記憶」)
日時: 2月1日(金)—15日(金) 10:30-12:05、2月1日(金), 8日(金), 15日(金) 19:00-21:00(トーク付きレイトショー)
場所: シネマ・チュプキ・タバタ
※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年02月08日 ~ 2019年02月15日

オープニングパーティー 2019年02月09日17:00 から 19:00 まで
入場料 500円

アーティスト

ジミー・ミリキタニ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援